カードローン・キャッシングと消費者金融での借入には審査があります。銀行や金融業者が信用情報を元に貸すわけです。債務整理やブラックだとこの審査が通らないんで借りれないのですね。ならば信用情報機関を使わないところでお金は借りれないのでしょうか?

審査なしでお金借りたい【審査なし借入.COM】カードローン・キャッシング

muryosyoukai2_360x120.jpg

ブラックでも? 借りれる裏技

  1. 信用ブラックでも?金融機関からお金が借りれる裏技とは?
  2. 自己破産者や債務整理の経験者がお金を借りるテクニック
  3. 金融会社選びが重要!信用情報ブラックの人がお金を借りる策
  4. 個人間融資であれば信用ブラックでもお金を借りれる方法とは
  5. 信用情報機関の情報がアウトな人でも消費者金融やサラ金から借りれる?
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
 

信用ブラックでも?金融機関からお金が借りれる裏技とは?

個人が金融機関からお金を借りた場合、その事実は借入をおこなった金融機関が記録するのは当然です。しかし、同時に信用情報機関にも記録を登録します。

この信用情報機関は、国内で経営をおこなう数多くの金融機関が利用しており、融資を受けたいとの申し込みがあった際に、その人が他社でどの程度のお金を借りているのかなどをチェックするために、それぞれの金融機関同士で情報交換をするために、このような情報機関が存在しているのです。

そのため、お金を借りようとして消費者金融やサラ金、街金や銀行カードローン、さらにはクレジットカード会社などに申し込みをおこなった際には自分の借金情報は調べられるのです。自社の分は把握できても他社の分は把握できないために、このような機関を通じた情報交換は不可欠となっています。

しかし、だからこそ自分が申し込み時に隠したい他社での遅延や延滞、過去の債務整理情報などは自分が黙っていても業者側には即座に気付かれてしまうのです。そして、いくらお金に困っていても、たとえ教育資金や冠婚葬祭費用だとしても、信用ブラックとなっているからこそお金を新規に借りることができないのです。

しかしながら、これは原則であって全てのケースに当てはまるということではありません。つまり、一部には信用ブラックであってもお金を借りることができるケースがあるのです。おそらく多くの方はブラックでも?とお考えになるでしょうが、これは事実です。

実際に、信用情報機関の情報が完全にブラックだと思っていた自己破産者などであっても、相手次第では借りることができるため、このような債務整理をしたあとにお金をどうしても借りたいのであれば、借りれる裏技を知っておきましょう。その際には個人間融資などの仕組みを使って、金融機関ではない個人から借りる方法もありますが、街金やサラ金という規模が小さい中小消費者金融会社から借りることもひとつの手です。

すべてにおいて審査が通るとは言い切れませんが、大手消費者金融よりも可能性は高いため、申し込みをおこなう際の候補に入れておきたいものです。
 
▲メニューに戻る
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
 

自己破産者や債務整理の経験者がお金を借りるテクニック

キャッシング会社や消費者金融、銀行カードローンなどでお金を借りた場合、当然ながらそのお金は返済しなければなりません。

しかし、借りたときには問題なく返済していけると思っていたものが、実際に返済を開始してからは返済が厳しく感じることもあります。さらに、借りたときと返済を開始してから、自分の収入状況や家庭の事情などが大きく変わってしまい、予定していた通りに返済ができなくなることもあります。

つまりは、返済に遅れが生じたり、ひどい場合には返済が一切不可能な状況に陥ってしまうのです。このような状況に陥ってしまうと、仮に生活費に厳しくなって金融業者からお金を借りたいと思っても借りることは不可能となります。

ですが、自己破産者や債務整理をした方々が絶対にお金を借りられないかといえば、それは相手次第でもあります。つまり、どこに借金の依頼をするかによって結果が変わってきますので、そのテクを覚えておきましょう。具体的には、どこの信用情報機関を利用している金融機関なのかを調べることによって、場合によってはお金を借りられるのです。

国内に信用情報機関と呼ばれる機関は複数存在していますが、過去に自己破産者や債務整理したときの金融会社が、利用していた信用情報機関を利用していない金融業者を探し出すことで、情報の共有ができていないこともあります。

このような隙をつく形で過去の債務整理をなかったことにしてしまう行為は、お金を借りれる裏技として知られています。ブラックでも?と思うような人も多いのですが、このような手法もあるために覚えておきたいものです。

さらに言えば、街金やサラ金などほぼ個人経営をしているような消費者金融やキャッシング会社の場合には、信用情報機関に照会して過去の事実を知った上でも融資してくれることがありますので、こうした小規模な金融業者に目を向けてみるのもひとつの手と言えます。そのため、数多くある賃金業者の中からこのような会社にも目を向けてみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
 

金融会社選びが重要!信用情報ブラックの人がお金を借りる策

信用情報機関にある自分自身の情報がブラックの場合、新たにお金の借入がしたいと思っていても、お金を借りることはできないケースが多いものです。

俗にいうブラックリストというものは存在しませんが、日本には金融機関が個人に融資をおこなう際の参考にするために信用情報機関があります。

この信用情報機関には、個人の借入状況が金融機関名や融資枠、実際の利用残高や返済状況などが記載されています。そのため、新たにお金を借りたいと考えて申し込みがあったときに、この信用情報機関にその人の情報を照会すれば今現在の借入状況はもちろん、過去の返済などに関しても情報をつかむことができます。その内容によって融資することもあれば、融資を断ることもあるのです。

融資がNGとなるのは、返済に問題があるような場合です。自己破産や任意整理などの債務整理をした場合には7年から10年程度、その情報が信用情報機関に登録されます。その事実は信用情報機関を利用している金融機関であれば知ることができるため、新たに申し込みをしても借りられないという結果になってしまうのです。

そのため、このような信用ブラックの場合には、基本的に新たにキャッシングやカードローンの利用ができないものですが、そこには例外もあります。そのひとつが街金の存在です。街金は基本的に消費者金融と同じノンバンクの金融業者です。

消費者金融アコムのように、大手消費者金融もあれば中小消費者金融会社もあります。この街金は中小消費者金融会社に該当します。もっと言えば、小規模消費者金融とも言えます。個人経営をおこなうようなケースもあるほどです。そして、これだけの規模で経営している金融機関なので、独自審査を採用していることが多いのです。

信用情報機関は大手金融機関の多くが登録し、審査の際に信用情報開示をおこない、ローン情報をチェックしていますが、小規模な金融機関は登録していないことも多く、独自の審査をおこなっている場合も多いのです。そのため、ブラックの人がお金を借りれる裏技を探す際には目を向けたい相手と言えます。さらにブラックでも?借りれる先としては個人間融資も挙げられますので、参考にしておきましょう。
 
▲メニューに戻る
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
 

個人間融資であれば信用ブラックでもお金を借りれる方法とは

国内には、消費者金融や銀行カードローンなどの賃金業者が数多く存在していますが、これらの業者を使ってお金を借りる場合には必ず審査があります。そのため、契約をする前に必ず審査があり、この審査で断られてしまうと融資を受けることはできません。

そして、どのような人が審査において断られるかといえば、特に多いのが過去の返済や借り入れにおいて何かの問題がある場合です。借り入れをして無事に返済をしていれば何の問題もありませんが、返済が遅れるようなことがあれば、その出来事は信用情報機関に掲載されることがあります。

さらに、任意整理や自己破産などをすれば、その事実は確実に信用情報機関に登録されます。これらの事実は一定期間が経過すれば消える情報ですが、これが消える前であればどこの金融機関に申し込んでも信用ブラックの扱いとなってしまい、融資はNGとなることが多いのです。

しかしながら、これはあくまでも金融業者や賃金業者などの企業からお金を借りようとするからこそ、NGになってしまうのです。今はネットで相手探しができる個人間融資もありますので、ブラックでどうしてもお金が借りられずに困っているのであれば、ブラックでも?とは思わずにお金を個人間融資で借り受けることを考えてみましょう。

個人間融資の場合、お金を用意してくれる相手も個人です。つまり、信用情報機関の情報を知らない上に、そもそもこのような情報は無関係に自分自身の判断で審査をおこない、貸すか貸さないかを決めているので、信用ブラックや金融ブラックと呼ばれるようなケースでも何ら問題ないのです。

そのため、絶対にお金を用意しないと生活ができなくなる、家族の食費や教育費が払えない、携帯電話の利用料金が払えない、住宅ローンや教育ローンや自動車ローンの返済が滞ってしまうなど、あとがない状態で困っている場合に個人間融資を頼ってみましょう。

ネット上に、個人間融資のための掲示板やサイトなどが数多く存在しており、ここにアクセスすることで借りられるケースがありますので、ブラックでも借りれる裏技として心得ておきたいものです。
 
▲メニューに戻る
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
 

信用情報機関の情報がアウトな人でも消費者金融やサラ金から借りれる?

これまでのクレジットカード利用やキャッシングの利用などによって、マイナスな点がある場合、新たな借入の申し込みをしても厳しいものがあります。たとえば、自己破産や任意整理などの債務整理をした場合、やはり新たに融資をしても返済される見込みは少ないと判断されてしまい、融資NGとなることが多いです。

また、返済はきちんとおこなっているものの、遅延や延滞といった行為が何度かあった場合にはまともに返済できないと考えられ、これまた審査が通らないこともあるのです。

さらに、法律的なことで言えば総量規制オーバーとなってしまう場合には、否応なしに融資は不可能となります。金融機関が法律を無視することはできないため、こればかりは仕方ありません。

しかし、総量規制の問題を除いた場合、基本的に融資をするかしないかはそれぞれの金融機関が判断することです。そのため、極端な例を言えばたとえば自己破産をした直後の人であっても業者がOKすれば融資は可能です。

無論、大手消費者金融や銀行カードローンなどの場合にはこのような人には融資しないものですが、中小規模の金融機関の場合には状況に応じてこのような極論のような融資もあるのです。

したがって、自己破産や任意整理をした人や返済に遅延があったとしても貸してくれる消費者金融や街金は、皆無とも言えません。ですので、まずは諦めずに審査が甘いと言われる金融業者をあたり、申し込みをしてみましょう。

あまり闇雲に申し込みをすると今度は申し込みブラックとなってしまい、貸してくれる会社からも借りられなくなるため、申し込みをおこなう金融機関は絞り込んだほうがいいのですが、ネット上の情報を確認すれば審査が甘いと言われる業者を探すことは不可能ではありません。中には債務整理をした人でも貸してくれる会社も口コミとして存在しますので、参考にしましょう。

また、総量規制オーバーの場合にはこうした会社でも借りられないものですが、銀行カードローンは銀行からの融資であり、総量規制の中には含まれません。そのため、銀行ならば貸してくれる可能性があります。

しかし、ブラックの場合には銀行も無理であるため、ブラックでも?借りられると言われる個人間融資を頼ってみましょう。借りれる裏技の中でも最後の手段と言えますが、闇金などに手を出すよりは個人間融資のほうがありがたいはずですから、相談してみましょう。
 
▲メニューに戻る
 
muryosyoukai2_360x120.jpg
muryosyoukai2_360x120.jpg