他社借入があっても借りれる中小消費者金融

消費者金融と銀行カードローンは、手軽に借りやすいキャッシング業者です。
ただし、審査があり初めてのキャッシングは良いのですが、多重債務者には厳しい内容の審査です。でも、どうしても借入が必要なときには、少し工夫が必要です。

銀行カードローンの審査

まず、消費者金融も大手消費者金融、銀行カードローンは、たいてい審査は厳しいです。
地方銀行、ネット銀行などでは一部簡単そうな審査も見受けられますが、個人信用情報機関の内容で、異動の文字があると、ブラック扱いで審査落ちです。既に大手消費者金融や銀行カードローンをお持ちの方で、異動がついていると思われる方は、これ以上の申し込みはしない方が良いです。

専門用語の「異動」って何?

ブラックにしても異動にしても、俗語や専門用語ですが、わかりやすく言うと、その金融業者にとって、借金ができない方を言います。

異動に関しては、個人情報上の言葉では、返済がうまく行っていない、借り方で問題があるといった方を指します。わかりやすくブラックリストと表現した方が良いでしょう。大手銀行、地方銀行、ネット銀行などでも、この異動がついているとキャッシングができないのです。また、大手消費者金融系のカードローンも同様です。

消費者金融の場合、限度額が年収3分の一と決められていて、それ以上の借入申込もNGです。
これも信用情報で異動がつくことになります。

金融事故、事故情報、異動情報は、大手消費者金融と銀行カードローン審査では、NG項目です。

中小消費者金融の扱い

ブラック対応の消費者金融としての中小消費者金融や街金は、この異動情報の扱いが柔軟です。
審査が甘いとされるのはそのせいで、異動情報があったとしても、利用ができている口コミが多いです。

多重債務者、債務整理者などで、総量規制範囲内であれば、審査が行われるのです。ですから、大手消費者金融も銀行カードローン審査も落ちた方は、中小消費者金融に行くことで対応してもらえることがあります。ただし、総量規制範囲内であり、他社借入が多すぎたり、債務整理直後の異動情報については、審査落ちの場合もあります。

申込者が未成年、自営業者で収入が安定しない、無収入の方は対象外、最初から申込者にはなれません。専業主婦については、中小消費者金融では、配偶者貸付制度で夫の年収を総量規制として借入ができることがあります。しかし、夫の個人信用情報でブラックの場合は、キャッシングは難しいです。

中小消費者金融と闇金との違い

中小消費者金融で借りれない人の中で、闇金に行く方もいます。
闇金は審査がないので、中小消費者金融とは違います。

届け出していない違法業者ですが、中小消費者金融は名前が知られていないだけで、正規金融業者です。中小消費者金融の審査落ちの方がきちんと借金ができる金融業者は他になく、債務整理しか道はないことを明記しておきます。

多重債務でもお金借りる 審査甘いサラ金

カードローン会社の審査は?というと、収入がある未成年以外と思っている方も多いです。
基本的には、そうなのですが、個人信用情報機関の確認によって、それだけでは審査に通らないこともあります。

多重債務者はどうなのか?

明快な回答はないのですが、銀行カードローン、大手消費者金融ともに2社程度が許容範囲です。これは申込のときの申告だけではなく、金融機関で個人信用情報で調べます。
他社借入件数と金額です。

消費者金融なら総量規制が関係して、限度額の余裕幅を確認しなければならないです。
銀行カードローン審査の場合、既に大手消費者金融の借入がある場合、それだけで審査が厳しくなります。ネット銀行系カードローン、大手銀行カードローンなどでは、多重債務では収入と返済能力に高さなどに着目するようです。

要するに、年収が高くここで借りたとしても、返済ができるかどうかの見極めです。以前は比較的審査は通るとされていましたが、現在の銀行カードローン審査は一段と厳しいようです。

総量規制対象外のキャッシングなはずですが、大手消費者金融の総量規制の限度額に迫る申込者は、銀行カードローン審査は審査落ちになるケースが多いです。多重債務者は、大手消費者金融・銀行カードローン審査は厳しい現実が待っているといえます。

中小消費者金融の場合

多重債務者4社までという中小消費者金融もあります。ホームページに明記してあり、既に3社の他社借入の方でも総量規制範囲内の申込者はOKということです。
ブラック対応ということで、OKは審査を行うという意味で、借入の可能性があるというだけです。

また、新規ではなくまとめローンの申込はどうですか?という提案もあります。
まとめローンは債務整理ではなく、多重債務を1つの借金にする借り換えです。中小消費者金融としては、多重債務を完済した金額のキャッシングということで、返済専用のローンです。

この時、申込者のメリットとしては、1つのローンで返済負担が小さくなり、返済が楽になります。ただし、返済総額は金利と返済期間に関係から高くなってしまうことがあります。

しかし、個人信用情報機関の記録においては、多重債務すべてに完済がつくという輝かしいものになります。ブラック返上です。

それでも多重債務の金利と中小消費者金融のまとめローンの金利差が大きいときには、安易に借り換えはおすすめできないです。必ずシミュレーションをして納得の行く返済額である場合、検討をしてみて下さい。

闇金ではないのですが、不親切な中小消費者金融の場合、大手消費者金融の多重債務を無理やりまとめローンに借り換えしたがる金融業者もいます。もともと大手カードローン会社より、金利が高いですから、説得されたとしても内容を確認することは重要です。その時に脅し文句は、まとめローンでなければ債務整理ですね、ですが、債務整理のほうが良いことは多いです。

大手の審査に落ちたけどお金借りる 審査甘い消費者金融

ネット銀行のカードローンはとても簡単。
WEB完結なのは当然ですが、専業主婦もすぐに作れます。
面倒な在籍確認もなく、自宅で1時間で現金を手にすることができます。

大手銀行カードローン、大手消費者金融も同様

簡単に作れるカードローン会社に申込。
信用情報で金融事故がないのなら、多重債務もすぐに対応です。
無利息期間があったり、今だけ金利サービスとあれば、ついカードも何枚も作ってしまう場合もあります。何といっても手軽さです。

キャッシングの最初は誰でも上記の様な事を考えて、すぐにカードの契約て続きをしてしまいます。しかし、この手軽さも実は2枚までというのが、銀行カードローンや大手消費者金融の見解です。3枚目、3社目の申込となると、審査が通らない可能性が多いです。

他社借入1社と2社の差は大きいです。多重債務者で審査落ちという方で、大手消費者金融で3社目OKという方はあまりいないのではないでしょうか?

どうして3社目は審査落ち?

たいてい多重債務の審査基準が2社だからです。
既に2社の契約をしているのに、どうして3社目?という疑問です。
本来なら、1枚のカードローンで限度額を使えば良いのに、という金融業者の審査なのです。
消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は、年収3分の一以内の総量規制が決まっています。

多重債務は、その合計であり、それぞれが総量規制ではないのです。
300万円の年収の方は、何社の多重債務でも100万円となっています。ですから、たくさんの多重債務者の場合、返済危機もあり、多重債務者は審査落ちが多いのです。
大手消費者金融で2社程度です。

審査が甘くなると

中小消費者金融の多重債務者の扱いは、4社程度と言われています。
総量規制範囲内での4社というと、1つ1つの借入額が小さくことを意味します。
そうなると、返済能力がある、収入が安定している方のみ、4社程度の多重債務者でも審査通過ができます。

ただし、貸金業者の独自審査により、絶対的な借入保障はないです。信用情報の内容だけではなく、申し込み情報、特に自営業者は中小消費者金融でも審査落ちになるケースがあります。

甘い審査だと口コミであったのにといっても、そこは審査の難解さです。
ただ大手消費者金融よりは借りやすいことは確かで、銀行などで審査落ちで困っている方も中小消費者金融に行くことで、キャッシング成功の口コミは多いです。

ただし、信用情報で延滞などがあるとNGです。多重債務で延滞は気をつけなくてはならないことです。中小消費者金融の審査落ちでは、延滞だけで引っかかるという方もいますから、必ず返済をキレイにしてから、申込を考えて下さい。

多重債務もお金借りる相談 審査甘い借りやすい所教えます

大手消費者金融審査落ちですぐに債務整理する人としない人がいます。
その選択は自由なのですが、審査の甘い中小消費者金融に行くことでキャッシングができる可能性がある方も少なくないです。しかし、返済は大丈夫?

大手銀行の銀行カードローン審査に落ちた

この場合、大手消費者金融に鞍替えすることで、借りられることが多いです。
貸金業者として、消費者金融の方が敷居は低いです。

最近は、銀行カードローン審査は厳しくなっています。
しかし、その大手消費者金融の審査に落ちた場合はどうしますか?

何か原因で審査落ち?

理由にもよりますが、多重債務であれば、総量規制範囲内があり、返済できる収入があるのなら、中小消費者金融に行くこともあります。

大手消費者金融の審査落ちで、他社借入が多いだけでキャッシングができないことがあります。
借入額はたいしたことがないというのであれば、中小消費者金融の甘い審査で、あと数社の借入ができる可能性は高いです。

もし、総量規制限度額に迫っているのなら、中小消費者金融の借入は難しいです。
大手も中小も消費者金融では総量規制が同じ範囲です。
あと数万円は借りられるという場合は、このまま債務整理がおすすめです。
中小消費者金融の商品は金利が高いので、簡単に勧められるものではありません。

自覚がない審査落ち

どうして今の私が大手消費者金融で借りられない?という原因で、未成年者、専業主婦、年金生活者、70超歳などは最初から申込者になれないです。また、収入が安定しないこと、在籍確認が取れないなども審査落ちの原因です。

大手消費者金融では、申込を受けたときに個人信用情報機関の内容を確認しますが、そこで基準に合わないと審査落ちです。多重債務もそうですが、債務整理から年数が経っていない、マイカーローンなどの滞納がある、保証会社からの保証が得られないなど、金融業者独自の審査基準に照らし合わせる事から、自覚のない審査落ちもあります。

それでもキャッシング

老舗中小消費者金融などに相談してみて下さい。普通に申込をするだけで良いのですが、電話で担当者が審査と言う名の質問があったり、審査落ちの原因を聞くことができる場合もあります。

中小業者に行くときには、返済ができる計画があることを前面に、信用情報機関の確認をしてもらうことです。ブラック対応になっているのですが、収入が安定していないとか、多重債務も多すぎるとNGです。専業主婦OK、ただし安定した夫の年収とか、ブラックOK、ただし当社規定によると言ったことが多いです。

絶対に大丈夫という保証はないのですが、可能性はゼロではないです。
延滞者と無収入は、中小消費者金融でもNGです。
そんな時には、すぐに債務整理しかないでしょう。

お金借りる時は審査の甘い消費者金融

大手銀行よりもマイナー系銀行カードローンが甘いと言われています。
地方銀行カードローンなどでバナーを出していたり、審査の甘い銀行カードローンとして紹介されている場合があります。ただし、銀行カードローンで甘いといっても、ブラックの個人信用情報がある場合は、借りれないです。

審査の甘さ=ブラックではない

銀行カードローン審査の厳しさはここです。総量規制対象外で、借入が大きい銀行カードローンでは、低金利ですが審査は厳しいと評判です。

地方銀行にしても、顧客拡大のための申込ですが、ブラックリストは残念ながら審査落ちです。
そのブラックとは、延滞、多重債務者、債務整理者が大きいです。
収入が低いのに、借金が多い。

それだけでも信用はないのです。
銀行カードローン審査の甘さは過信しないことです。
大手銀行やネット銀行などより、少しだけ楽に借りられるかな?という程度です。

銀行と大差ない大手消費者金融の審査

銀行カードローン審査落ちが大手消費者金融に行くのは、審査が多少甘いとされていますが、実はあまり違いはないです。

ブラックは大手消費者金融では対応していません。
多重債務者などもすぐに審査に通らないです。条件としてはとても厳しいのです。
プロミスが甘いとか、アコムが簡単といいますが、原則ブラック厳禁で、多重債務などにもうるさいです。

ただし、完済したあとであれば、普通に借りることができます。
要するに、ブラックといっても一時的なものであり、どうしても大手消費者金融にこだわる方は、多重債務の数を減らしていくことです。

2社で60万円で審査落ちでも1社で50万円で審査通過ができることがあります。
ただし、キャッシングをして返済は厳禁。この裏技はしっかりとバレバレです。

中小消費者金融の審査が本当に甘い

ブラック対応の中小消費者金融では、新規の申込者で、多重債務者も債務整理者も受け入れることがあります。

条件としては、返済能力が高く、勤務先の安定していて、収入が一定。
延滞もなく、完済する意思があることです。
総量規制範囲内であれば、借入ができることが多いとされるのですが、最初は小口融資です。

理由は、ブラックであれば信用がないからです。
1度でも完済実績を作ることで、信用が得られるまで、数万円からのスタートが多いです。
金利が高いですから、安心感のある返済が可能です。

中小消費者金融の狙いとしては、完済できる顧客獲得がほしいのです。
例え大手消費者金融や銀行カードローンのブラックだとしても、収入が安定していることで、審査を甘くして、小口融資で徐々にキャッシングを可能にしています。

申込者も金融業者も良い関係ですが、延滞などをすると取立はとてもきびしいと言われています。審査は甘いが、返済は厳しいです。