審査が甘いのは中小消費者金融

現在の大手消費者金融は、銀行系消費者金融です。
大手銀行の傘下に属することで、独自の消費者金融ではないです。

内容的には消費者金融のキャッシングですが、SMBCモビット、プロミス、アコムなどのCMでは、◯◯銀行グループとなっています。銀行カードローンとは別物であり、あくまでも消費者金融です。

一方、中小キャッシングと言えば、中小消費者金融、小規模消費者金融などで、現在も消費者金融の会社として経営しています。親会社が大手の中堅消費者金融ライフティなどがあります。

消費者金融は以前のサラ金

消費者金融と名称は変わってしまいましたが、以前のサラ金が消費者金融です。
いわゆる金貸し屋であり、経営の点からそれぞれ銀行系になったり吸収される形で、現在の消費者金融の形になりました。

貸金業法で経営をしているのですが、共通点としては審査でキャッシングができる点です。
これは、貸金業法に則ったもので、登録金融業者であり、それぞれの審査基準の上に申込者の申込情報と信用情報を元に、借入ができる場合があります。大手消費者金融、中堅消費者金融の審査基準は違います。

審査基準の違いと金利

審査が甘いほど、金利は高めです。
銀行カードローンなどは、全体的に消費者金融より厳しい審査ですが、金利は一番低いです。
また、限度額が年収の3分の一と決まっている消費者金融ですが、銀行カードローンは総量規制対象外であり厳しい審査ですが、借りれたら特典が多いのも特徴です。金利は低いほど良いのですが、審査の厳しさはどうしても左右されてしまう内容です。

中小消費者金融の審査

銀行カードローン、大手消費者金融ときて、甘い審査が中小消費者金融です。
大手消費者金融と極端に違うのは、ブラックでも借りられることです。

個人信用情報機関で金融事故がある方は、銀行カードローンと大手消費者金融では借りられないのですが、中小消費者金融ではブラック対応です。大手消費者金融などで審査落ちした方が、中小消費者金融の利用者ということになるのです。

各種ローンが組めないブラックは、中小消費者金融のキャッシング。
各種ローンも高い金利で、利用することができます。

金融業者としては、この構図でうまく行っているといえるのですが、審査の違いで最終的にブラックでもキャッシングができるのは、中小消費者金融のおかげです。

お金を借りたい時

自分の信用情報については、多重債務であればだいたいどの審査基準で借りられるか、検討が付くでしょう。少なくとも、銀行カードローンは多重債務者では審査落ちですが、大手消費者金融では2社程度が許容範囲です。

そして、審査が甘いところは、サラ金審査並の中小消費者金融で、総量規制範囲内のキャッシングができる可能性があります。

今では消費者金融と名称を変え、銀行系消費者金融となってしまった大手消費者金融。
未だにサラ金審査で、ブラック対応の審査が甘い所として、中小消費者金融は頑張っています。
信用情報で金融事故があったとしても、返済能力があるブラックを歓迎しています。

審査基準が違う中小消費者金融のサラ金審査

消費者金融系カードローンは大手消費者金融が多いですが、審査はだいたい同じです。
総量規制の限度額で、2社程度の多重債務が、その審査基準です。
個人信用情報機関の確認でそれ以上になると、審査落ちしてしまうことがあります。

消費者金融ランキング

大手消費者金融のランキングでは、審査の差ではなくサービスの違いが決め手です。
レディースローンがある、無利息期間設定がある、ATMがそばにあるなどです。
審査は同じですから、サービスの差で決めるのが良いでしょう。
いずれもWEB完結で、インターネットからの申込ができます。

厳密に言えば、金利が低いことも消費者金融選びでは必要です。SMBCモビット、プロミス、アコムなど、名のしれた消費者金融から選ぶには、ランキングサイトの注目記事を参考にして下さい。

審査の甘い所と言えば

中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などがこれに当たります。
サラ金と言う方もいますが、消費者金融全体がサラ金です。

ただ、中小消費者金融は、大手消費者金融審査落ちで、ブラックリストになった方でも借りれる甘い審査です。信用情報で金融事故があっても借りれる、サラ金審査を思わせる内容は、知っていて損はない情報です。

中小消費者金融の情報については、特にインターネット申込が可能、ホームページが存在している所の内容は詳しいです。利用者が、実際に審査を受けた内容紹介が多いですが、大手消費者金融では一切借りられない方、審査すら受けられない方でも、借りれた報告があります。

こんなブラックなのに借りれた、ありえない奇跡があるとの期待の、大きな口コミもありますが、審査基準が低くなることで借りれる方がとても増えます。

サラ金審査って?

消費者金融がサラ金と言われていた時代には、今で言うブラックも簡単に借入ができました。
また、高い金利とか、振り込みキャッシング、対面審査など、中小消費者金融では、サラ金時代と同様の審査が残っています。

ただし、審査内容は現在の貸金業法になっていて、誰でも借りれる金融業者ではないです。
信用情報で金融事故がある方は、その中小消費者金融の審査基準に合致することが必要とされ、審査落ちもあります。

ただ、大手消費者金融とは違う、金融事故でも借りられるブラック対応は、部分だけはサラ金審査と同じでしょう。実際に返済ができるのであれば、総量規制範囲内の借入ができます。

他社借入が多い方でも、自己破産などの債務整理をした方で、5年間以上ブラックと宣告された方も、数年で借入ができる場合もあります。

中小キャッシングの審査の甘さ

中小消費者金融ランキングなどのサイトもありますが、利用者の勝手な順位が面白いです。
カードローンがある、極甘審査、信頼がおける老舗中小消費者金融、無人契約機のある、中小消費者金融などの種類があります。同時に、中小消費者金融では審査基準が微妙に違っていて、まとめローン専門業者なども存在しています。

おすすめ消費者金融は、自分が適した項目で消費者金融選びができます。
ブラックでも借りられる所と言えば、中小消費者金融ですが、自分が何が原因で大手消費者金融などの審査落ちになったかを確認してから、申込をしてみましょう。ムダな、審査落ちはしないことです。

申込ブラックがない中小消費者金融では、とりあえず連続申込も可能ですが、審査期間が長いので、数日で数社の申込みはできないことが多いです。

思い切って中小消費者金融ユーザーになる

中小消費者金融では、サラ金の中でも審査が甘い所です。メリットが多いのは、多重債務者や債務整理者など、大手消費者金融では審査に通らない方たちです。中小キャッシングでなんとかブラックでも、借りたいと考えている方にとってはなくてはならない存在です。

甘い審査でブラックキャッシング その功罪

メリットはブラックでも借りれるところですが、ブラック期間が長くなってしまうと言うデメリットがあります。SMBCモビットやプロミス、アコムなどの大手消費者金融では、金融事故があると借入ができないです。

債務整理をすると5年以上は借入ができないのですが、その期間を待てば普通に利用することができます。銀行系消費者金融業者では通過率は低いですが、ブラックリストの時に借金ができないことで、信用情報の金融事故が更新されます。

ところが、そのブラックに借入ができる中小消費者金融の利用をしてしまうと、ブラック期間が延長されます。中小消費者金融の審査に通過したら、ブラックリストは終わりではなく、金融事故をもったままのキャッシングが続くことになります。

人によっては、しばらくは中小キャッシングしかできないことになります。

銀行カードローンも同じ

大手消費者金融と同様に、金融事故者の借入ができない銀行カードローンでも、同じです。
債務が超過すると、審査落ちでブラックになります。

審査落ちでブラックは、しばらくは借入をしてはならない、謹慎期間です。
その間にキャッシングをしたのなら、信用情報に記録され、ブラックが伸びてしまうのです。

それでも金利的には変わらない

要は、個人信用情報機関で、ブラックだとしてもキャッシングができていれば、問題ないといえます。考え方の相違で、大手消費者金融と中小消費者金融の差は、余りないのです。

金利もキャッシング金額にもよりますが、2~5%程度の違いといえます。
これが、10%以上の違いであれば考えものですが、銀行カードローンと中小消費者金融、大手消費者金融と中小消費者金融の金利差は、あまりないです。

すこしでも早くにキャッシングをしなくてはならない方にとっては、ブラックキャッシングでも手元に現金が入手できる方法が、大切なことといえます。

大手消費者金融にこだわりたいのなら

せめて、カードローンがある中小消費者金融の利用が、おすすめ消費者金融です。中堅消費者金融の、ライフティ、セントラル、ユニーファイナンスなどが、カードローンで利用ができます。

いずれも、金融事故者でも借入ができる審査の甘い所で、インターネット申込ができます。
セブン銀行ATMでの出し入れができますから、大手消費者金融感覚のキャッシングが可能です。
セントラルなら無人契約機もあり、本社のある松山、首都圏で機械が設置しています。

銀行系消費者金融は審査が厳しいとされていて、金融事故があると借入ができないのですが、中小消費者金融の利用者に徹することで、ブラックも気にせずキャッシング生活を送ることができます。

完済で決まる与信の凄さ

金融業者の審査では、貸せる人の基準として、返済能力を推し測る基準があります。
消費者金融と銀行系カードローンではその内容が違いますが、統括している法律が違います。

それぞれの審査基準

銀行カードローンにしても、利用者の口コミでは、ネット銀行が良い、大手より地銀が狙い目と言われています。

銀行の場合、口座がある、長い付き合いがある、地元に根ざした信用金庫などの種類があります。そして、特徴的なのが、保証会社が間に入ることです。銀行、保証会社と経ての審査になりますから、厳しい予想ができるのです。

しかし、保証会社の甘い審査があると、あの銀行カードローンの審査はすこし基準が低いかも?という、結果になります。

借りやすさでは、銀行カードローンも、消費者金融の引けを取らないとされています。
バナー広告などで、大手の銀行カードローンは目にしますが、地元の銀行カードローンなども着目してみて下さい。

大手消費者金融の審査

プロミス、SMBCモビット、アコムなど、ネームバリューのある大手消費者金融の審査では、だいたい同じ内容になっています。
審査通過率50%前後の大手消費者金融では、借りやすさと安全性では、おすすめ消費者金融です。
即日融資もしていますし、審査も早いです。

ただし、金融事故があると借りられないのは、各社同一の審査です。サラ金と言えない今の大手消費者金融は、銀行系消費者金融の存在で、ブラックは、すべて審査落ちです。

サラ金審査の中小消費者金融

中小消費者金融、中堅消費者金融、街金と呼ばれる消費者金融があります。
ランキングサイトが登場しているまでに、利用者が増加しているのですが、特徴はブラック対応の貸金業者であることです。

審査の甘い所として、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ち後の申込で、借りられることがあります。大手消費者金融で、消費者金融は終わらないのですが、どうしてもお金が必要でブラックになってしまった方も、諦めることはないです。

債務整理経験者が語る中小キャッシング

自己破産しても、借りれるのは有り得ないと思っていました。

電話が繋がらないときには焦りましたが、借入審査で自己破産のことをいろいろと聞かれました。個人信用情報機関での金融事故になっていることも教えてくれたのですが、全て正直に話をしました。

ここの中小消費者金融に申込をする時に、嘘は言ってはならないとのアドバイスを目にしていました。自己破産でもキャッシングができた方がいて、優良消費者金融との評判もありました。

数日待って下さいと言われて、3日後に審査が通過の回答と5万円の融資を受けました。
すぐに完済をすると、増額の申込ができると言われて、ビックリです。
担当者が、信用ができると増額も可能です。再審査はありますがどうしますか?と言われて、自己破産だった自分が、こんなに厚遇だとは信じられなかったです。
過去の信用情報よりも、完済した信用が大きいということです。

中小消費者金融のサラ金審査、甘い所ではこんな展開もあります。
すべてがそうだとは言いませんが、裏切らない完済が功を奏すのです。
債務整理をした後の、中小消費者金融の申込、本気で考えてみて下さい。

総量規制は審査の要?

総量規制は、消費者金融全体の限度額です。それぞれの、年収3分の一です。
最近は、大手消費者金融も銀行カードローンも、パートやアルバイトでも借入ができますが、総量規制の存在で、それぞれの限度額が必然的に決まります。

銀行カードローンは、原則的には総量規制対象外とされていますが、最近では総量規制に近い限度額になりつつあります。サラ金と言われていた時代は、総量規制はありませんでした。収入ゼロの専業主婦も、バンバン借りる事ができました。

最近はサラ金とは言わない消費者金融ですが、ネームバリューのない審査の甘い所とされる中小消費者金融では、ブラック対応融資を受けられます。ただし、総量規制範囲内です。ここは審査の甘いところではなく、金融事故があっても借りられることでは、特に審査の甘さがあります。

債務整理経験者、多重債務者なども総量規制範囲内なら、サラ金のように信用情報に金融事故情報の異動情報があっても、借入ができます。

おすすめ消費者金融ランキングでも、中小消費者金融では全てブラック対応になっています。
街金レベルの小規模消費者金融でも、最近ではインターネットで全国対応になっています。
ブラックにとっては大手消費者金融同様に、スマホで申込ができる利便性があります。
カードローンのある中小消費者金融の登場で、簡単にキャッシングができます。

まとめローンの存在

以前はなかったものですが、まとめローンは、多重債務者が1つのローンにまとめる事ができる、画期的なキャッシングです。

借入は多重債務分で、新規キャッシングよりも低金利なのが魅力です。その分、審査も厳しさも増しますが、多重債務で金利が低くなることで、新規キャッシングをしなくても、返済負担が大きく減少することになります。すぐに現金は用立てないのですが、返済が楽になることは、長期的に考えてもメリットは大きいです。

中小消費者金融では金利が高いので、多重債務の借入額が大きいときには注意が必要ですが、ブラック専用の中央リテールのように、まとめローン専門業者の存在もあります。
低金利で、きっちりと完済ができます。なお、消費者金融の限度額は、総量規制範囲内です。

ところが、まとめローンは総量規制対象外であり、年収3分の一以上でも契約ができます。
この場合、金額が大きいほど低金利になります。中央リテールだけではなく、大手消費者金融のまとめローンも同じです。

中小消費者金融と闇金

ところで、ブラック対応は闇金も同様です。
契約を急いで、あまり知らない中小消費者金融だと思ったら、闇金という話も聞きます。
中小消費者金融はネームバリューがないので、ランキングサイトや情報サイトを確認して下さい。

プロミスのように知っているところではない場合は、その中小消費者金融が、正規金融業者であることを確認してからの申込は絶対です。