お金をすぐに調達したいときはどうする?


すぐにお金を調達したいときはどうしたらいいでしょうか。まずは、自分でお金をなんとかしたいと考えます。その必要なお金が3万円程度でしたら、なんとかなりそうです。なので、日払いのバイトで何とかならないかを考えましょう。メインの仕事の給料日はまだ先だったら、日払いのバイトで急場をしのぐしかありません。

通常のバイトでしたら、給料といっしょで先々になってしまいます。今では日払いのバイトは少なくなっていて、あったとしても男性でしたら、ガテン系のバイトくらいしかないでしょう。ガテン系ですから、現場は建設現場となることが多いです。肉体労働ですから、当然のことながら体力勝負となります。

そうなると、体力に自信のない人でしたら務まらないかもしれません。しかし、一回で1万円くらいにはなりますから、なんとかがんばって3回日払いのバイトを行うと3万円を稼ぐことができます。

また、ガテン系の日払いのバイトでしたら、ヘルメットや安全靴、作業着などは自前で揃えておいたほうがいいでしょう。ヘルメットくらいは借りることができるかもしれませんが、ヘルメットや安全靴、作業着、さらには軍手などは自分で持っておいたほうがなにかと便利です。

ガテン系のバイトですから、ケガがつきものです。そして、不慣れな仕事ですから、ケガをしないように気をつけなくてはいけません。雇い主は労働者に労災保険をかけることを義務づけられています。しかし、日雇いのバイトに労災保険をかけていない場合もあるのです。

労災保険をかけてなくてケガをした場合、その治療費は自腹ということになります。バイト料よりも治療費のほうが高くつく場合もあるので、労災保険の加入は必須ですので、雇い主にはしっかりとその点は確認しておいたほうがいいでしょう。

3万円程度のお金でしたら、友人知人からお金を借りるという方法もあります。昔ながらの友人ですから、困ったときはすぐにでもお金を用立てしてくれることでしょう。もっとも友人とのお金の貸し借りとなると、3万円程度が相場です。

それ以上となると、頼めばお金を貸してくれると思いますが、3万円以上のお金をなると素直に銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。リスクは貸す側にも当然あるので、それを友人に負わすのは心苦しいでしょう。リスクが高くなると借りる側が友人を巻き込まないようにします。

お金を借りる算段になると、必要になるのが借用書です。友人との貸し借りの場合は、借りる側が借用書を用意するようにしましょう。通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人も気が引けて借用書を用意することができないのです。そこで、借りる側が気を利かして借用書を用意するのです。友人も何を水くさいと言いそうですが、借用書はあったほうがいいので内心はホッとすることでしょう。

借用書には給料日には一括で返済する旨のことを書いておきます。間違っても分割で返済するといったことを書いてはいけません。友人が一括ですぐに用立てしてくれたのですし、それも小遣いから出してくれたお金ですから、何よりも早く最優先でお金を返さなくてはいけないのです。それが借りた側のマナーを考えなくてはいけません。

そして、3万円程度のお金でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買い取ってもらうようにしましょう。不要品ですから、買値がつかないものもあるかもしれません。それでも買取り業者の多くはリサイクル業者でもあるので、買値がつかない不要品でも無料で引きとってくれます。ですから、不要品を処分できるのには間違いないですし、あわよくば値段がつくのですから、一石二鳥といえるのです。

もっとも、不要品ですから、数出して買取りしてもらっても1万円か2万円にしかならないでしょう。目標金額にはとどきません。そのようなときはどうしたらいいのかというと、今度は家にある書籍やコミックを買取りしてもらうのです。人気のコミックの全巻セットなどがあれば、高価買取りが期待できます。また、書籍もベストセラーよりもレア本のほうが買取り価格が上になることが多いです。

そして、買取りも通常の買取り業者よりも本の価値のわかる古本屋に買取りをしてもらうようにしましょう。そうすることで3万円程度でしたら、すぐに調達することができるでしょう。もっともこの方法は、不要品や書籍がある程度ないとできないので、頻繁に買取りしてもらうことはできません。ある程度の期間が必要となるので、ここ一番というときに取っておくようにしましょう。

中でも手っ取り早いのが、クレジットカードのキャッシングです。すでにクレジットカードを持っていることが審査に通っているということですから、すぐにでもキャッシングすることができるのです。

ただし、利用可能額はショッピング枠と共用ですから、利用可能額が少ない場合は気をつけたほうがいいでしょう。翌月の支払いに対して引き落としができなければ延滞ということになってしまし、信用情報に傷がついてしまうからです。

さらにクレジットカードの使用が止められることになるので、生活にも支障を来すことになります。ですから、クレジットカードのキャッシングを利用する場合は利用可能額などを十分にチェックする必要があります。

銀行と消費者金融会社で借りる


ある程度まとまったお金が必要だったら、銀行と消費者金融会社のいずれかでお金を借りるようにしたらいいでしょう。金利の低いところがいいのでしたら、返済利息も安くなるので銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融会社はいまだにサラ金のイメージが根強く、敬遠する人も少なくないでしょう。バブル期前後あるいはそれ以前からサラ金という言葉は使われていたのですが、現在でも使われているのは消費者金融会社としては、イメージがまだまだ払拭されていないということです。

サラ金という言葉自体はサラリーマン金融ということですから、意味合いとしてはそれほどひどいことではないのですが、サラ金と呼ばれていた時代のサラ金の取り立ての厳しさなどを知っている人は、サラ金にとても悪いイメージを持っているのです。

厳しい取り立てが、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中という悲惨な事件を誘発したのですから、サラ金という言葉自体が悪というイメージだったのです。そこからグレーゾーン金利の撤廃や過払い請求などがあり、消費者金融会社が淘汰されていき、3万社を超える消費者金融会社が2千社に届かない数になりました。

まっとうな消費者金融会社しか残っていませんし、大手消費者金融会社も経営破綻を経験しながら全く新しい消費者金融会社になりました。しかし、消費者金融会社にはいまだにサラ金というイメージがつきまとっているのです。これは、なかなか払拭できそうにありません。

銀行カードローンですが、誰でも気軽にお金を借りることができるのかというと、そうではありません。というのも、銀行カードローンの審査が厳しくてある程度の属性がないと銀行からお金を借りることはできないでしょう。

属性というのは、お金の借りやすさや返済能力、信用度を表す指標です。属性が高ければ審査に通りやすいのですが、属性が低ければ審査に通ることは難しいでしょう。正社員は一般的に属性が高いです。いっぽうのパートアルバイトなどの非正規雇用の人は、収入が安定していないと見られて審査に通りにくいのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金というのが大きいでしょう。大切な預かり金を使って融資をしてもそれが貸し倒れに遭ってしまうのを極端に恐れているので、審査が厳しくなるということですね。

消費者金融会社でお金を借りる


銀行カードローンのデメリットは即日融資ができないことです。それは、銀行カードローンが警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられていて、アクセスして情報を得るのが早くても翌日以降になるからです。

そのため、物理的に銀行カードローンの即日融資というのはなくなりました。そうなると、すぐにでもお金が欲しいときは銀行カードローンには頼ることができないので、必然的に消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。

消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。WEBや店頭での申し込みはもちろんですが、電話での申し込みができるのがすごいといえます。申し込みだけではなく、あらかた審査まで終わるのですから、大手消費者金融会社ならではのオペレーターの対応力といえるでしょう。

そして、大手消費者金融会社はメガバンクと提携しているところもあり、メガバンク行内の自動契約機で申し込みができます。消費者金融会社とはバレにくいので何気に便利な申し込み方法です。

そして、大手消費者金融会社の特徴とも言えるのが、全国に設置してある無人契約機です。24時間365日稼働しているのでいつでもカードローンの申し込みができます。即日融資にも対応しているので、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ればすぐにローンカードを発行してもらえるので、それを持ってコンビニに行き、コンビニATMでキャッシングすることができます。

最近ではカードレスサービスが始まっていて、スマホで入出金が可能となっています。WEB完結での申し込みもできるようになっていて、消費者金融会社のカードローンはますます進化しているといっていいでしょう。

中小消費者金融会社と街金でお金を借りる


銀行や大手消費者金融会社でお金を借りるには、ある程度の信用情報が必要です。信用がないとお金を借りることはできません。そうなると保険の契約者貸し付けなどを利用してお金を借りるしかないのです。

その点、中小消費者金融会社でしたら、審査基準が緩くなっているので、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちた人もで、融資を受けることは可能です。

中小消費者金融会社は、大手消費者金融会社の業容がそのまま小さくなったような貸金業を営んでいるところもあれば、おまとめローンに特化した貸金業者もあります。また、法人向けの貸し付けに特化した貸金業者もあるなど、特色のある貸金業を営んでいるのです。

そして、街金ですが地域の貸金屋といった風情の貸金業者です。今もたまに見かける質屋といった感じでもいいでしょう。信用情報のない人にお金を貸すには担保が必要ですが、それが質屋だったのです。街金の場合は担保がないかわりに、少額融資に徹しているところが特徴です。貸出金の相場は10万円といったところでしょう。

個人間融資示板を利用する方法もある


信用がなければ、金融機関はもちろん貸金業者からもお金を借りることはできないでしょう。そうなると、どこからお金を借りるかというと個人間融資掲示板しかありません。個人間での貸し借りですから、信用情報は関係なくお互いの信頼関係と交渉でお金を借りることができます。

リスクはありますが、実績豊富な人からお金を借りることでリスクを軽減できます。むしろ貸す方にリスクがあるので、借りたら誠実に返済するのが鉄則です。