審査なしでお金を借りたい 信用情報

カードでお金を借りたいと思って申込みしても、審査に通らない。それは、信用情報にマイナス要素があるのかもしれません。つまり、この減点によってお金が借りれるかどうか決まるというものなんですよ。

だから、あまりにも減点が多いような人がキャッシング申し込みすれば、お金は借りれないでしょう。悲しい事に信用情報は、クレジットカードや銀行でも共通しているので、これが消えない限り審査にもずっと通らないのです。勿論、減点要素が消えれば再度キャッシングは可能になってくれますが、それでも審査は大手のカードローンとなれば厳しいので、なかなかお金が借りれないなんて人も多いのです。

じゃあいっその事、ブラックでもお金が借りれるキャッシングであれば、信用情報なんて関係なしだから利用出来る。確かに信用情報にブラックがあっても、中小消費者金融の審査であれば融資が受けやすいので、申し込みもしやすくなるというものです。ブラックでお金が借りれるなら無敵ですが、それがそうでもないんですよね。

信用情報にブラックがあってお金が借りれるとしても、総量規制が原因でお金が借りれない。加えて、他社借入が原因でお金が借りれない。あるいは、属性が無職だからお金が借りれないなど、審査基準は甘くなれども借入条件を満たせなければ、お金が借りれないというものです。

ですので、信用情報の事故情報を仮にスルーしてくれたとしても、無職は借入不可能だし、総量規制も消費者金融では審査時に絶対となっています。審査があるキャッシングではお金がまだまだ借りれないという人もいるでしょう。

信用情報無視してお金を貸してくれる業者でも、審査は無視してくれないのでお金が借りれないと思っておいても良いでしょう。こんな人は奥の手で、クレジットカード片手に現金化する事もしているでしょう。

さすがに、審査に通りたいのに通れない立場となってくれば、常識外れたキャッシング方法でお金を借りる人がいるはずですから、金利が高くなっても無審査に近い闇金からお金を借りようとしたり、ネットで誰にでも呼びかけてお金を借りようとする人もいるのです。

但し、審査なしでお金を借りるという事は、それだけ無責任な方法でお金を借りるという事になるので、後でどうなるのかなんてわかったものではありません。もはや、信用情報だけでなく人生までもブラックにするものなのです。