住宅ローンはキャッシング経験者は審査落ちになることも

住宅ローンは人生で最大の買い物と言っても良いでしょう。
銀行での住宅ローン審査は、簡単に受けることができます。

カードローン申込とは話が違う

大手消費者金融や銀行カードローンの申込と要領は同じです。
インターネット申込が主流になってきた住宅ローンは、簡単に申込はできます。
銀行店頭の窓口で手続ではなく、借入先の金融機関がネット銀行の場合もあります。
近所の信用金庫である必要はなく、条件が良いところ、審査が通れば良いのです。

ただし、審査はカードローンよりも厳しいです。信用情報と個人情報は大切な項目ですが、カードローンのようにパートやアルバイト等の収入では借りられないです。

いくら融資になるかですが、最低でも年収200万円で正社員が審査基準です。
パート等の不安定な収入では、借りられないということです。
また、個人事業主も住宅ローンは簡単に審査通過はできないです。
勤務先がないことには、マイホームの実現は遠いです。

審査がない住宅ローンはまずない

本審査は保証会社が行うのですが、銀行などでは事前審査があります。
希望制のところもありますが、事前審査はしておいた方が良いです。銀行側にすると、事前審査は銀行内で行うことが多いのですが、返済能力の確認のために勧めることが多いです。
ここでの審査通過は本審査とは違うのですが、住宅ローンの事前通過はおすすめです。

ちなみに、審査のない住宅ローン、カードローン等はありません。
審査の甘い金融業者も存在しますが、必ず個人信用情報機関と年収と完済ができる返済能力を確認します。そして、保証会社ではより厳しく判定しますから、事前審査よりも時間もかかり、審査は厳しいのです。

年収、勤続年数、完済年齢等の個人情報と信用情報でブラックがあれば即審査落ちです。
実は過去に消費者金融を利用していた、もちろん完済していたとしても、審査が通らない住宅ローンが存在します。

キャッシング経験が、住宅ローンではブラック要因になるのですから、金融事故がある場合は、非常に厳しい判定になります。携帯電話の料金等も同様で、ブラック要因が1つでもある場合、高額商品の住宅ローン契約は諦めて下さい。結構現実厳しいものです。

もし、これから住宅ローンを利用したい方は、各種カードローンは持たないことです。
クレジットカードのキャッシング枠も外すだけで信用が上がります。案外と、住宅ローンの本審査でブラックではないのに審査落ちが続く方で、キャッシング常習犯の場合は多いです。

ブラックリストの住宅ローン利用は無理

住宅ローンの審査の基本は返済能力です。収入がすべてと言っても良いでしょう。
勤続年数も会社も調べられますが、当然ながら正社員が対象です。
アルバイトで、住宅ローン契約はできないでしょう。

安定した収入が必要

消費者金融の審査に通らない方は住宅ローン審査はNGです。
住宅ローン審査に通る方で銀行カードローン審査はOKです。

キャッシング業界で、審査が厳しいとされる銀行カードローンですが、住宅ローン審査OKなら銀行カードローンを手にすることができます。要するに、それだけ住宅ローンは厳しいのです。

1000万円程度の借入だとしても、返済期間が20年となると返済額は2000万円を軽くこえます。
金利はカードローンの10分の一以下ですが、返済期間が長い分、利息が多くなってしまいます。
もし、今、住宅ローンの申込をしようと同時に銀行カードローンの返済をしている。
これは審査落ちです。

住宅ローン返済中の銀行カードローン審査はOK

同じ銀行からの借入ですが、住宅ローンは別格です。
申込のときには、無借金であることが必要です。それだけ返済能力が下がります。

信用情報では銀行カードローン履歴はOKですが、消費者金融利用はNGだと言います。
お金借りる必要があるくらい収入に不安があるということが審査落ちの理由です。
最近、消費者金融利用者はとても多いですが、簡単に住宅ローンが申し込みができない場合がありますから、消費者金融の使い方も気をつけなくてはならないということです。

個人信用情報機関の内容

ブラックは審査落ちです。住宅ローンにも甘い審査のところはあります。消費者金融でいう、中小消費者金融のようにブラック対応はないようです。

少なくとも銀行ですが、銀行カードローン審査以上が審査基準のレベルです。
個人情報ではなく信用情報がポイントになりますから、過去のブラック、債務整理者などは、住宅ローンはできないことが多いでしょう。

10数年前の債務整理で、現在高い収入、勤続年数も長いというのであれば、なんとか説得して、やっと住宅ローン。そんな話もないわけではないのですが、借金生活をしていたというだけでも住宅ローン審査は厳しいですから、ブラックには冷たい態度です。

審査の甘いところでも、ブラックリストの申請者、カードローン大好き申込者には、なかなか審査通過はできないです。必ず事前審査をしてから、それも何社も申請をしてみることです。
事前にブラックリストはどうですか?と問い合わせて、ブラックはNGと分かれば申込はしない方が無難です。

銀行はどこに申し込む?年収と勤務先の関係

住宅ローンは大手銀行などは厳しいです。
規模が小さな信用金庫や地方銀行、新規のネット銀行などがお勧めです。審査が大手銀行よりも甘いでしょう。地元ならではと言うことがありますが、JA等も参考にしてみて下さい。

そして、お勧めは相談会と決算時期です。直接話しを聞いた方が、良い場合が多いです。

金融期間側の事情

住宅ローンの審査はそう簡単ではないのですが、単純と言えば単純です。
要するに、この人は完済ができるかの判断をするだけです。

個人情報で低い年収、返済負担率が高い。それだけで審査落ちです。実にシンプルです。
信用情報に行かずに結果が出ます。

最低年収は250万円程度ですが、1000万円の20年程度の住宅ローンなら良いですが、5000万円の住宅ローン、審査落ちです。では、頭金を1000万円用意します。今は年収が低いですが、上場企業ですから、年収のベースアップはあります。そんなことも配慮して、と言うのであれば、5000万円もありです。

要するに、ここでは年収と勤続年数、これからの返済金額の予想などを加味してギリギリ審査通過です。このような審査の格闘があり、信用金庫等の担当者と話ができます。

インターネットなどでも甘い審査はありますが、話しをしてこうだからこうと訴えることができるのは地元です。決裁者の説得も甘い審査では重要な内容になります。
それか決算時期ならば、銀行側もなかなか態度を柔軟にすることがあります。

大切なのは個人信用情報機関

こうして説得ができるのは、自身の個人信用情報機関でブラックではないことが条件です。
もっというと、キャッシングなどをしていたとしてもすべて完済していて、現在はカードローンも持っていない状態です。

カードローン解約は大きなポイントです。
クレジットカードのキャッシング枠もわざわざ外すというのも審査通過で必要な裏ワザです。
そこまでして、審査に挑むことで、住宅ローンを勝ち取ることができます。

勤務先の安定感も必要

安定した収入は収入証明書で確認できますが、会社の存在も大切なのです。
小さな会社であっても経営がうまく行っていれば良いのですが、現在倒産しそうな場合、地元だとなかなか審査は難しいです。

そんな時はネット銀行等の住宅ローンがおすすめです。在籍確認は問題ないのですが、経営的に危ないと担当者がわかっていれば、この先失業のリスクがめに見えます。

しかし、ネット銀行の審査ならわからないでしょう。
そして、配偶者の所得等も加味されると審査にはより強力です。
自分の状態で、信用金庫かネット銀行かも考えてみて下さい。

住宅ローンのポイントは収入の高さ?キャッシング返済中は審査落ち

信用情報の中で、ブラックリストは審査落ちです。
キャッシング返済中も審査落ちなのですが、延滞も滞納もない金融事故の問題ではなく、キャッシングしていることが住宅ローン審査には金融事故なのです。

以前は完済していたとしても、審査落ちしてしまう銀行の住宅ローンが多かったですが、最近では、キャッシング完済であれば、審査も通ることが多いと言います。

消費者金融の利用者は特に注意

大手消費者金融のキャッシングをしている間、返済中の住宅ローンの申込はしない方が良いです。信用情報の審査で、カードローン審査と違う住宅ローンの審査では、現在の借入があると審査に通らないことが多いといいます。

これは、審査の甘い住宅ローンでも同様の審査内容です。
返済額がとても大きい住宅ローンでは、1円のリスクも背負いたくないのです。
できれば、頭金を沢山入れることができ、それだけでも審査の印象が違うのに、すでに借金返済をしている上に住宅ローン申込ということであれば、今回の融資は無しということです。

審査には例外もある

この信用情報の返済が教育ローン等の場合は事情が変わります。
キャッシングと各種ローンは審査基準が違います。

銀行の教育ローンの支払い最中であって、収入が高く完済能力があれば、甘い審査の住宅ローンは可能性があります。支払いの延滞などがない、とにかくブラックリストではないことが最大の条件ですが、キャッシング状態、返済中は気をつけて下さい。
銀行での住宅ローンの審査は、甘いところでも返済中は厳しいです。

収入と勤務先の安定感

正社員であることが前提ですが、高い年収で数年の住宅ローン申込の場合は事情が変わります。
厳しい審査であるのは、住宅ローンが高額であり、返済期間が長いからです。それが、金額が低く数年での契約であれば、個人情報で返済能力が高いことで審査通過もあります。

家族などもお金がかからない、会社としては安定感のあるところであると、審査内容ではいろいろあります。勤続年数が長いのも条件の一つですが、審査が甘いと、完済能力の判定基準も変わると言います。申請者の個人情報次第では、するすると借りられることもありますが、審査スルーはないです。

そして、高い収入というのもよほど高いこととできれば、頭金がかなりあると、この審査はますます簡単になります。要するに、少しだけ借り早く返せますよという保証があれば、金融機関としても返済事故がない方だと審査通過させてしまうということです。

個人事業主でも借りられる住宅ローンは審査が甘い証拠

審査の甘い住宅ローンを調べていくと、必ず金利が高くなります。
金融機関側としては、リスク軽減のため、金利を上げるのですが、消費者金融等と違い、住宅ローンの1%以上の金利幅は相当な金額になります。

個人信用情報機関では問題がないことが前提

住宅ローンではブラックリストの借入はできないです。
属性でいうと、正社員以外の収入源では、普通の審査は厳しいです。
パートやアルバイト、派遣社員などでは、安定した収入がないとみられてしまいます。

あまりしたくないことですが、返済ができなくなったときの債務整理などでも、個人再生などは、勤務先の保証が必要な場合があります。アルバイトではそれもできないことから、自身にとっても不安定な収入での住宅ローン契約は不安です。

しかし、審査の甘いところでは、上記の属性で個人事業主でも審査が通るところがあります。
実はとても貴重な銀行です。

住宅ローンでは団体信用生命保険の加入が必要

甘い審査の銀行でも団体信用生命保険の加入がなくては借りれないそうです。とりあえず個人事業主等でも健康を害している等の理由で保険加入ができないと、審査が通らないことです。

高い年収の正社員でもここは難しいことですが、団体信用生命保険がない住宅ローンであれば個人事業主等は契約できないなど、案外と団体信用生命保険の存在は大きいです。

勤続年数や収入の安定し大きいですが、健康であることも住宅ローンでは大きな審査の一つです。審査基準は色々ありますが、申請者が不安定、不健康であれば、多額の住宅ローン審査は通らないということになります。

何十年も支払いが続くのですから、審査が厳しいのは当たり前です。甘い審査ですと、金利が高くなるのも方のないことであり、申請者としたら、厳しい現実を見ます。

消費者金融やキャッシングをしている方は完済してからの申込は絶対

書類などもとても多く、人でも間違えると審査落ちという結果に。
簡単に借りられそうですが、案外と住宅ローンは契約と完済までが茨の道です。
住宅ローンの計画には、あちこちでの事前審査を受けることをお勧めします。

1%でも金利が安い、経費が低い、繰り上げ返済が簡単にできるなどの条件はよく確認して下さい。参考ページ等も参照の上、審査の甘い住宅ローンには、何かがあるということも忘れずに。

一番多い何かは金利が高いことですが、総返済額等はポイントです。
もう少し頭金を作ってからの申込というのも選択肢の一つです。