あって当然のキャッシングの審査


キャッシングの時に審査は必ずあります。カードローン、消費者金融、銀行などでお金を借りるときには、最低限必要な情報があります。どんな金融機関でも、その規定に合う条件があり、それを満たすことでお金を借りることができます。それで無ければ極端な話しですが、小学生でもキャッシングができることになります。

銀行と消費者金融では条件が違いますが、それは収入の有無です。銀行カードローンは、収入ナシでもキャッシングができます。あとの条件はほとんど同じですが、もう1つ違うと言えば、借入限度額です。基本的に収入の高さが比例するもので、高所得の方はたくさん借りることができ、低所得の方は少ししか借りれないということです。

ここまでの条件としては、年齢と収入です。年齢は20歳以上で上限は金融機関によって違いますが、最高でも60歳代です。消費者金融は、収入のある20歳から、銀行カードローンは収入ナシでも20歳以上が対象ですが、銀行カードローンで既に専業主婦の場合、借りられることがあります。

このように年齢は、成人であることで金銭授受が法律で定められていることから条件としては大きいのですが、収入に関しては金融機関によって違うということです。この審査に関しては、とりあえず働いていることで、どこでも借りられることを証明しています。未成年に関しては、キャッシングはできないと思って良く、しばらくは辛抱です。

ところが、それよりももっと厳しい審査があり、あなたの借金情報を調べます。それは信用情報です。35歳中小企業勤務、300万円の年収。この方は、上記の審査では借り入れOKです。では、信用情報は?というと、初めてのキャッシングならOK。現在3社での多重債務だとNG、3年前に債務整理しましたではNGと言うように信用情報の内容に大きく左右されます。

申込の入り口では、歓迎の一言ですが、あなたの信用情報ではお貸しすることができませんと一気に地獄に落ちます。と言うように、審査はなかなかと厳しいものです。

信用情報は、あなたの過去の行いですから、信用がないとだめということです。その信用回復の方法は、じっと我慢、すなわち借りられない期間を我慢するに限ります。それができる方は、何年間かはキャッシングの申込は絶対にしないこと、それが出来るのなら世話ないよという声も聞こえそうですが。

審査落ちになる理由はさまざま


大手消費者金融の審査落ちの結果で、「どうして審査に通らないんだよ、俺が何をしたって言うんだ?」こう叫ぶ方もいますが、何かをしたからだめなのでしょう。お金を借りたい時の申込の条件では、収入と年齢も借入件数の有無が最初の審査になります。ここで、審査落ちになる方も少なくありません。

大手消費者金融では、

  • 20歳 年収200万円 借入件数0
  • 30歳 年収300万円 借入件数2
  • の場合、30歳の方は審査落ちです。原因は借入件数の多さで、3件目はNGということです。20歳の方は要相談になります。借入件数は0ですが、勤務年数などの確認で、半年以上が条件となっています。

    微妙なさじ加減ですが、このあたりの審査内容は難しいのです。30歳の方の借入件数にしても、2件で数万円である場合、借入金額が少ないことで審査が通ることもありますが、2件あるからダメになるパターンもあります。

    はぁ?と言いたくなるようなことですが、大手消費者金融ではなかなか厳しい審査になります。もし、中小消費者金融なら、30歳の方は審査に楽々通ります。別段問題はナシ、即日融資の金融機関なら、数時間で希望金額が入手することができます。

    大手消費者金融の最初の簡易審査で通ったとしても、本審査では色々と調べて行きますが、借入件数の金額だけではなく、過去の信用情報などでもさまざまな項目があります。債務整理の有無、延滞経験の有無、過去の多重債務の状況、借り方の様子。全てを総合的にスコアリングして、ある金融機関で足し算、違うところでは引き算で、審査合否の数字を出します。

    そこで1の誤差で合否が決まります。1多くても少なくとも審査落ちになってしまうのです。担当者が、惜しいっと言いたくなる結果もありますが、結果は結果仕方のないことです。もちろん、結果の内容の公表はなく、淡々と今回はダメでしたというものなのです。

    ところが同じ条件の方が、審査の甘い中小消費者金融に行くと、スコアリング基準そのものが低いため審査に通ります。何がどうなって審査が決まるのか?それはわからないことです。

    とにかく、多重債務は1つでも少なくして、債務整理後なら5年は待ち、審査通過の自信がない方は最初から中小消費者金融へ相談に行きましょう。中小消費者金融では、現在でもコンピュータを使わず、人間の手で審査を行っているところも多く、審査がより通りやすいのです。

    審査とは信用問題そのもの 知らない他人を信用できますか?


    無審査のカードローンは、国内では発行されていません。誰でも良いから我が社のキャッシングをどうぞと言うのは、おかしなことです。

    貸金業者の経営は、キャッシングの利息が利益です。1万円で12,000円の返済があれば、2,000円の儲けです。ということは、1万円を貸したときに、確実に12,000円の返済をしてくれる人を判断することになりますが、それが審査となり誰でも良いわけではありません。ですから、無審査でお金を借りる事は絶対にできないことです。

    電車で隣り合わせた方に、お金を貸してください、良いですよということはありませんが、友人であれば、貸してくれることはあります。それは、あなたがきちんと返済してくれる信用があるからです。金融機関ではその信用を知るために、現在の収入状況や過去の借金行動から判断をします。

    いやいや、過去に無茶してきたけれど、今は儲かったから大丈夫という口先だけの言葉は信用できません。今の状況はOK、でも数年前には本当に無茶な借り方や、返し方を繰り返した方にはお貸しすることはないのです。これが審査です。

    無審査ということは、今は儲かっているのならお貸ししましょうと、景気良く貸すことです。確かに返すことができるかもしれません。融資カードローンなどでは、このような行動は絶対にありません。必ず過去からの情報を元にひどい過去の方には、貸すことがないのです。

    いつになったら良いんだ?と言うのは、債務整理で最低5年程度、延滞などでも数年はかかります。これは大手消費者金融の審査ですが、中小消費者金融ではもう少し短期間での借入ができます。審査内容はしつこくて色々と聞かれて、担当者が大丈夫と太鼓判を押すまでには時間を要します。今のあなたを信用しないわけではないのですがね、と言われますが、完全に信用していません。

    もし、仮にここで中小消費者金融の借り入れができたとしましょう。そして、本当に儲かっているのだから、すぐに返済したとします。すると、その中小消費者金融からの信用は絶大なものになります。所詮、キャッシングなんて言うものはそんなものです。

    きちんと返済した方は信用される、利用者の行動1つで態度が変わるのです。これも審査があるからの話しであり、審査がなければ、信用を失うこともないかもしれませんが、信用も得ることもないのです。

    無審査ほど怖いものはない?


    あなたにだけそっと教えます。あの金融機関にメールをすると、どんな人でも10万円くらいはすぐにキャッシングができます。まずは空メールを送信してみてください。そう言ってメールアドレスが記載しているホームページもあります。

    ここには審査があるとも書いてありませんし、ブラックリストもOKとだけあります。本当にどんな人でもOKなんだと、空メールを送信する方はとても多いですが、そこは一体どこなのでしょうか?答えは簡単、闇金です。

    間違っても大手消費者金融や中小消費者金融ではなく、闇金融という金融機関につながります。必ず電話番号を教えて下さいと来ますから、伝えるとすぐに電話がきます。事務的な話しが続き、困っているのなら10万円お送ります。利息については追って連絡をしますと言われ、即10万円ゲットです。見事無審査で10万円を獲得することができました。

    すぐに連絡がきます。あなたの信用情報を確認しました(嘘)、あなたのデータも解析しました(嘘)、そうですね、一応利息ですが法律の範囲内で(嘘)、10日後15万円というところですね。これが利息です。現在10万円を手にしてウキウキしていますが、10日後には15万円の返済をしなければならないというのです。自分の信用情報を確認解析したのなら、払えないことは分かっているはず。しかし、そんな事は考えるわけがない。

    困りましたね、払えないのですか?じゃ先程教えてくれた実家に連絡をします、会社の法が良いですか?完全な脅しの世界ですが、無審査とはこういう結果になるのです。払います払います、というと、取り立てもすぐには始まらず、少しだけ待ってくださいというと、数日間は黙っています。

    こんな時には、すぐに闇金対応の弁護士に相談しなければならないし、それしかないのです。しかし、あちこち奔走してお金を作る方がほとんどで、ここからが闇金地獄の始まりです。

    無審査でお金を貸す事は正規消費者金融では絶対にないことです。無審査をうたうところは全て闇金ですが、利用者が気がつかないことも多いです。ただ、その正規消費者金融が全て審査落ちになった方にとって、無審査は魅力的です。現にお金も振り込まれるのですから、質が悪いです。

    ですが、その後の返済をしなければならない、それも10万円が10日後15万円と言うのは、まだ良い方というと、無審査の恐ろしさ、分かっていただけますか?

    審査の違いと債務整理


    消費者金融や銀行カードローンの審査に通らないということは、基準に満たしていないことが要因です。たくさんの項目がありますから、これと言えません。

    しかしながら、大手消費者金融と中小消費者金融、銀行カードローンなどでそれぞれ基準は違います。そして、決まりとしてこれというものはなく、だいたいこんなものじゃないかな?ということしか言えないのです。

    大手消費者金融

    延滞、多重債務、信用情報でお利口さんな返済をしていない方です。具体的には、債務整理をしていてそんなに時間が経っていない、延滞が続いた、借入限度額に達しそう、などです。多重債務も頑張っても2件ですが、金額が大きいとそれだけでNGです。延滞は、2回を数回してしまうと、借入限度額があったとしても審査落ちです。

    中小消費者金融

    大手消費者金融の審査落ちを全て、審査通るになります。しかし、全てのマイナス回数が1つでも増えるとNGになります。借入限度額は超える事ができない、そして、収入が返済能力に達していないと、借り入れはできないことが多いです。

    一応、個人信用情報機関でのブラックリストも融資対象になります。ブラックリストも借りられる?全てが対象ではないのですが、大手消費者金融では到底借りられない方もある条件を満たすことで審査が通るのです。

    銀行カードローン

    消費者金融のうえ行く審査の厳しさ。条件としては、多重債務はナシですが、年収が高い方はそれでも審査が通ります。信用情報の金融事故がないことが条件ですが、高収入の方は断然有利です。メガバンクのカードローンなども顕著なことです。

    審査が甘いとされる中小消費者金融がデッドラインです。
    ここでダメなら国内の金融機関での借り入れは考えず、多重債務の方は即債務整理です。
    そうせずにもたもたしていると催促されるばかりではなく、遅延損害金の発生で、支払額が増えます。

    ここで10年間の逃亡で見つからない場合、借金が無効になると言う朗報もありますが、勧めません(それなら書くなと言われますが)。債務整理に関しては、どこの金融機関でも良いですが、審査落ちの瞬間に実行されることをオススメします。

    まだ中小消費者金融に借り入れをしていないと言う場合でも、ブラックリストのままでの借り入れではなく、自身の債務は一度リセットされることをオススメします。その方が、将来の借金のためにも有利になります。審査なしの闇金に手を出したら、人生も終わりますので、考えないでください。

    どうしてもお金が必要だけどブラックなので審査なしでお金借りたい


    一般的に、お金を借りたい申込者を審査する時に、在籍確認があります。これは電話連絡で職場に在籍しているかを確認する物で、この在籍確認が取れない場合は、「間違った情報だった」「もしかして嘘?」と思われますので、出来れば職場に電話が入る事をあらかじめ伝えておいたほうが良いです。

    その方法として、「家電専門店で銀行系クレジットカードのキャンペーンをやっていたので申し込んだ」などが良いです。電話連絡無しの消費者金融は存在しないですし、無職だと返済出来ないのでお金を貸すことが出来ません。

    これは、昨日まで一流企業に勤めていても審査に落ちる事となります。テレビやCMでよく見る、みずほ銀行カードローン、消費者金融系カードローン銀行カードローン、カードローン会社、現金キャッシングカードローン、なども同じです。

    銀行系だとカードローン融資よりもまとめローンが目的の方が多く、借金を1本化に借り換える事で、毎月の返済は必ず減ります。但し、金利はそれほど安くありません。

    ただ、一本化のときに今まで借りていた所に一括返済するので、金利を含めて返す時に自分が計算した金額よりも多くなっていたりするので、借り換え時はトータルの金額が増えることもあります。現在よりも借入先を増やすローンカード、キャッシング枠金融会社、サラ金で借りるよりも、生活は楽になる可能性があります。