審査なしはヤミ金の可能性100%

消費者金融も銀行カードローンも必ず審査があります。
大手消費者金融などではブラックは貸してくれませんし、銀行はもっと厳しいです。
一体何を審査しているのでしょうか?

身の覚えのない金融事故はない

個人信用情報機関は、消費者金融も銀行の審査のときに活用しています。
申込者の情報を元に、過去と現在の借入と返済の実績を確認します。

もし、過去の借入がヤミ金の場合は、ここの記録はありません。
個人信用情報機関の内容は、金融庁に届け出をしている正規金融業者の記録だけです。
そこで、キャッシングができる人かを、それぞれの審査基準で照合します。

また、申し込みのときの内容で、収入の確認と勤務先への在籍確認を行います。
中小消費者金融などでは、改めて電話審査も行う場合もあります。

審査は、過去と現在に金融事故の有無を調べ、もしそれが見つかれば、今回の申し込みは審査落ちになります。そんなことをした覚えはないということはなく、今までの借金生活そのものが信用情報機関に記録されているので、自分ではどうしようもないのです。

審査が存在しているということ

キャッシング利用者は、正規金融業者であれば、何らかの個人信用情報機関に記録があります。
すべてお見通しということになりますが、これがなければ、どんな人なのか、返済できる方なのかの確認ができないことになります。

ですから、クレジットカード利用もなく、キャッシングも初めての方の場合、金融機関や金融業者では警戒すると言います。もちろん審査は通りますが、真っ白な個人信用情報では、果たして貸したところで返済ができるか?返済までの動向が気になると言います。

一度でも消費者金融系の完済をしているとか、クレジットカードのショッピング機能を使っている方の方が信用があるようです。ですから、キャッシング前にクレジットカードを作っておくと、審査が通りやすいとも言われています。この信用情報こそが審査の要です。

審査なしは無届営業=ヤミ金

個人信用情報機関の内容を確認しない、申し込み情報だけのキャッシングができるところは、ヤミ金と呼ばれています。

この中は、非社会的団体に属していない個人も入ります。個人間融資やTwitterやLINEなどでお金貸しますという方は、貸金業法の手続である届け出を出さずに営業しているので、ヤミ金扱いです。

個人間融資では、電話連絡で交渉して、債務整理、多重債務者関係なく融資の誘いをしてくれます。ただし金利は高いことが多く、非社会的団体の闇金融の場合は、そこから地獄の返済が続きます。

要するに審査があるということは、法に守られた健全なキャッシングが保障されているということです。審査なしのキャッシングもありますが、そこは無法地帯であり、どんな業者、個人かわからない怖いキャッシングになる可能性が大きいということです。

銀行カードローン審査に落ちたら即債務整理?

審査なし、誰でもOKの闇金融では、金融事故者は大歓迎です。

キャッシング業界のピラミッド

キャッシングは、審査が命です。個人信用情報機関の内容でよければいくらでも大手消費者金融でも銀行でも貸してくれます。

何が良いと貸してくれるかというと、

  • 返済日を守る
  • 無謀な借り方をしない
  • 債務整理などをしていない
  • 多重債務しない

などです。

これらを守って継続的なキャッシングをすることは可能です。
申し込みのたびの審査で合格になれば良いのです。

その審査基準は銀行カードローン、大手消費者金融を筆頭に、少し甘い中小消費者金融や街金がきます。当然、街金などで借りられる方の方が多いですが、ここの審査に落ちた場合は、ヤミ金が待っています。

キャッシングしたい方の方で、特に常連はヤミ金に含まれる方が多いかもしれません。
審査なしでなければ借りられない人です。このような方は底辺に多く、キレイなピラミッド型で、事故情報があればあるほどヤミ金に吸い込まれていきます。

審査落ち=債務整理

中小消費者金融の審査に落ちたのなら、すぐ債務整理に行きましょう。
大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちでも、債務整理に行ったほうが良い方はいますが、ピラミッドの底辺に行くのではありません。

アメリカンフットボールやラグビーの試合中で、反則をした方はシンビンと言って、数分間試合にでられません。レッドカードなら退場です。債務整理は、キャッシングの世界において、数年間の申し込みができない、シンビンのようなものです。

永遠に追放ではなく、数年間の我慢です。
なぜ、そうしなければならないか?それはルールを破ったからです。

債務整理の意味

債務整理は、消費者金融などに多大な迷惑をかける行為です。払えないものは払えないと開き直る方もいますが、大損をかけている責任を感じている方はどれだけいるでしょうか?

収入が少ないのに、総量規制限度額以上の借入をしたい、4社も5社も多重債務を平気で行う、返済日を遅れる。このようなことをしてしまう方にお金を貸すことはないでしょう。

そして、今貸してもらえないのなら、返済できない、だから債務整理です。
その時に借りた金融業者には、当初の約束の金利は免除や自己破産では、何も支払いをしないということです。これは、金融業者にしてみれば困ったことであり、営業妨害です。
ですから、この先しばらくは審査落ちにしてしまうということです。

審査の大きな意味

金融業者では損をする契約はしたくないというのが審査の意味です。申込者が多く利用者が増加するのはうれしいですが、完済できる客丈を相手にしたいから審査なしは絶対にないのです。

当然10人の申込者で1人程度の債務整理者がいるという計算はあるのかもしれませんし、途中でブラックとして返済だけを強要することもあります。以前はこれが怖い取立だったのですが、経営のためには不可欠だったという金融機関もあったのでしょう。

債務者に甘い債務整理

事故情報を作り、債務整理をするのは債務者のためのものです。
ですから、銀行カードローン審査落ちになったときには、素直にその法律に甘えましょう。

しばらくのブラックリストは、「シンビン」です。
審査なしの金融業者に行くのは勝手ですが、ここで返済できなくなったときには、「シンビン」の場所はなく家族や勤務先も巻き込んで大変な事態になります。

審査なしの金融業者はヤミ金です。
なぜなら、ヤミ金の取立は昔のサラ金同様に乱暴で、人でなしの方法をとっているからです。

審査なしの代償はあまりにも大きい

個人信用情報機関の金融事故情報があると、銀行カードローンや大手消費者金融の審査落ちになります。中小消費者金融や街金も、余りにも大きな金融事故は見過ごすことはありません。

審査なしの金融業者

審査がないということは、どんな人でも借りられることになります。正規金融業者では必ず個人信用情報機関の内容を確認しますから、全て正直な申し込みと申告が必要です。

しかし、審査をしないで、単に借りたいというのであれば、適当な情報も借りられるということになります。こうした金融業者でも最近は、メールや電話連絡だけで行うところもあります。
メールですべて完結してしまう、来店しようにも事務所もないところですが、審査なしの金融業者では、勤務先と実家の連絡先は必ず確認します。

これは、返済ができないときの取り立て用です。個人信用情報機関の金融事故なんてどうでも良いのです。10万円の元金に対して、金融業者が言う利息をつけて、返済しないのなら、勤務先と実家に取立に行きます。

必ず、家族を巻き込む結果になります。
警察なんて怖くないですから、悪いのは返済しない方なのです。
審査なしの代償としては、このようなことがおこり得ると思ったほうが良いです。

審査なしなら高い金利でもいい

高い金利でも完済ができるのなら良い。ヤミ金はそんな客を待っています。
審査が通用しない、それでもお金がほしい人からの連絡で、好き放題の高い金利をつけます。
最初はなんとか支払いができるかもしれませんが、こいつは金があると見込まれたときには、なんと1000%という驚異的な利息まで存在しています。

それでも高い利息でも良いから、審査なしのヤミ金に行くというのでしょうか?

どうして審査に通らなかったかを考える

審査なしで借りたい方の中には、金融事故の存在を知らない方もいます。
自分が何をして、個人信用情報機関の記録で金融事故情報があるのかを。
多重債務、債務整理をしてしまった、延滞している、つい借りすぎたなどの原因がありますが、何かしらの事故は解決しなければならないことを確認しましょう。

金融業者は教えてくれませんから、自分が行ってきた借金について考えてみて下さい。
消費者金融で借りれないからヤミ金でなんとかして下さいと言うのは、都合の良いことで、返済はどうするのでしょうか?

高い金利でも借りれたら良いという考えは、自暴自棄なのか、自分のことをわからなすぎです。
そして、そのしわ寄せは家族に行くこと、これを再認識することが必要です。
金融業者の審査落ちをきっかけに、お金を借りるということ、返済能力が高くなければならないということ、金融業者との付き合い方を考えて下さい。

ヤミ金に行ってしまったら、抜け出すことは困難です。
審査なしで簡単に、と言うのは出口のないキャッシング地獄です。

返済うまくいかない。審査なしの銀行カードが有れば

大手消費者金融、中小消費者金融で審査基準は違いますが、大手での審査落ちの方は、中小消費者金融に行くことで借りられることがあります。
中小消費者金融でも審査は存在しますが、大手より甘いのが大きなメリットです。

総量規制は絶対重視

消費者金融の審査では、年収3分の一の総量規制の存在は必ずあります。
中小消費者金融でも、この範囲を超える事はできません。ですから、300万円の年収の方は、多重債務者であったとしても合計100万円が総量規制範囲内です。

借入額が、これ以上になれば審査落ちになるのは当然のことです。
ただし、返済をしていくことで余裕はできます。
ですから、一度の審査落ちでは少し時間が経てば、借入ができるようになります。

待てない、今すぐキャッシング

大手消費者金融審査落ちの原因が総量規制であるとき、しばらく待つことで、借りれる様になりますが、中小消費者金融に行ったとしてます。そこでも審査落ちになりますから、焦りまくりになってどうしようとなります。

お金が必要、審査落ちなら家族や知人に借りることも考えてほしいのですが、審査がある限り、総量規制範囲内以上の借入が絶対にできない状態は続きます。

1万円だけ借りたいと審査なしのサイトで申し込み

最終的に返済した金額が50万円を越えたと言います。
なんだかんだと言いがかりをつけて、1万円の元金に対して、利息が49万円ということです。
審査落ちのブラックが支払いする数字ではないでしょう。
途中でなんとかならなかった?と思うのですが、それができないのがヤミ金の手口です。

審査なしで良かったと思ったら、とんでもない結果になったと後悔しているようです。
ヤミ金は、審査なしですが、返済能力が高いと判断した方に対しては、利息をどんどんつけます。それもいい加減な理由をつけて、時に脅したり、個人情報の流出もすることもあります。
ヤミ金に脅されて、地域や家族に多大な迷惑をかけまくった、そんな口コミもあります。

審査なしで良い金融業者はゼロ

審査なしでも個人間融資などでうまく借りられるという方もいますが、そんな方はゼロでしょう。第一口コミなどで言えることではなく、良心的な方はまず存在していないのが現状です。

個人間融資で正統な方と言えば、20%の金利で、個人情報を悪用しない、借用書作成などですが、無届での貸借はヤミ金です。たいていは30%以上の取引をしていたり、掲示板そのものが闇金融が運営しているところも少なくないです。

支払いで躓いたことが原因

金融業者の審査落ちをする方は返済での金融事故が多いです。
これは大きな事故であり、暫らくの間は審査落ちが続きます。

そんな時には、楽して審査なしで借りるのは愚かな行為であり、債務整理をするなり、自分から金融業者に掛け合うことです。決して、審査を受けない金融業者を探さないことです。すべてヤミ金ですから。

クレジットカードの現金化は審査はない

それはクレジットカードのショッピング枠の現金化です。
自身が保有するショッピング枠で現金を買い物するイメージです。

これから、枠に余裕がある方は、キャッシングが可能になります。
カードローンと同じじゃない?という口コミもある一方で、これは違反行為であり、絶対にしない方が良いと指摘する方もいます。

クレカ現金化は合法?非合法?

クレジットカードのショッピング枠に関しては、既に審査の受けて、それだけの限度額でお買い物をして良いとされています。

ですから、それで何を買おうとも自由ですが、現金を買うのはどうか?
現金化業者が合法かどうかを判断する上で、それが大きな問題になります。要は、キャッシングを購入する感覚で、間の業者が入ることで、あたかも品物を買ったように見せかけるのです。

ダメなような気もしますが、既に何年も前から行われています。
先日は、メルカリで現金の出品がありましたが、現金化と同じことです。
あっという間に完売したそうですが、世の中審査なしのキャッシングしたい方が多いということです。

金融事故情報があっても平気

カードローンではないのですが、デビットカードは審査なしで使えます。キャッシングではなく、口座残高から引かれるだけのカードで、見た目クレジットカードというだけのものです。

総量規制も審査もなく、自分の口座から使った瞬間に引き落としになるだけです。
クレジットカードが使えないけれど、形だけでもカードがほしい方におすすめです。
使った分だけポイントサービスがあります。

返済能力などは無関係ですが、口座にお金を入れておく必要があります。
そして、限度額は当然計算しながら使う。

クレジットでもなく、キャッシングでもない画期的なカードといえます。
会計が常にスマートになる、デートなどには最適です。事情があってカードが持てない男子には、良いところを見せることができるデビットカードです。

キャッシング審査に落ちるということと現金化は危険

クレジットカードの現金化については、厳密に言うと、非合法です。
それは債務整理ができない点にあります。また、10万円のショッピング枠で現金化業者に依頼をすると、自分の手元には7~8万円しか入りません。

でも、10万円の借入額になります。
これは手数料ですが、その後10万円を返済していくことになります。
要するにマージンをとって、業者は生き残っているのです。
あくまでも買い物ですから、貸金業法の債務整理などはできません。

何がなんでもクレジットカード会社にすべて返済しなくてはならないのです。
もし現金化がバレたのなら、個人信用情報機関に報告が行くばかりではなく、クレジットカードが二度と作れないこともあります。

ということで、まだ表面化していないのですが、現金化に関しては、しない方が無難ということです。審査落ちの方は、とっとと債務整理する方が良いでしょう。