お金借りるならどこ

お金を借りると思ったら、銀行や消費者金融で検討される人が大体だと思います。新規申し込みでカードローン契約をすれば、いつでもATMで借入返済が出来るので、大変便利にキャッシングが出来るようになりますからね。

ただ、お金を借りる際の金融機関ならまだ他にもあり、社会福祉協議会による生活福祉資金貸付となります。身体や精神に障害を持っている人、または給料が少ないとされる低所得者や65歳以上の高齢者の属する世帯を対象に、貸付を行っているのです。

こちらは、原則として保証人が必要となりますが、保証人がいない場合でも貸付は行っているそうです。借入申し込みの際は、くれぐれも融資制度の誤解がないようにお願いしていますが、中には資金使途が自由だと思っている方も多いようで、クレジットやローン借り換え、私的な旅行費用などで申し込みされる人も多いとの事です。

しかしながら、福祉協議会による貸付は決してフリーローンではありませんので、錯覚しないようにしておきましょう。資金使途は世帯の建て直しの為に受けられる融資に限られる事となります。

そして、すぐにお金が借りられるというわけではなく、月に一度ある市長村の社協での審議会というものが開かれており、これに参加しクリアされた方のみ融資が受けられるのです。

審議会では、主に借り手の事情などを書き綴った作文によって、融資の有無が決まると言っても過言じゃないようです。よって、審議委員の過半数の同意が得られて、初めて必要資金を借りれるようになっております。

ただ、カードローンなどに申し込んでお金を借りる以外の方法として、社会福祉協議会による必要資金の貸付であれば、誰でも貸付対象に合う方であれば借入が可能となっておりますし、万が一審議会で落とされた場合でも、何回でもトライする事が出来るようなので、諦めずに必要資金の為に頑張ってみて下さい。

このように、お金を借りる為の別の方法の一つとして覚えておくと良いでしょう。