安全にお金を借りる

キャッシングには二つの種類があると仮定すると、このようになります。

  • ローリスクでお金を借りれるキャッシング
  • ハイリスクでお金を借りれるキャッシング

誰もが安全にお金を借りる方法を知りたいと思うものですし、当然ながら筆者も出来るだけローリスクで、お金が借りれるキャッシングを利用したいと思います。

では、ノーリスクでお金を借りるキャッシングの例を挙げるとすれば、全くのノーリスクでお金が借りれるキャッシングとなる大手のカードローンでしょう。安心金利で、借入から返済まで不安なく終始一貫利用出来る大手のキャッシングとなります。こちらは、誰でも安心安全に申し込みが出来るのでです。

ローリスクに関しては、ブラックがある人や借り入れ件数が多い人でも、お金が借りれる金融のキャッシングとなりますので、大手のカードローン審査に通らない方が次に選ぶ手段のキャッシングとなります。お金は借りやすいですけれど、大手のように完璧な対応ではないという点を踏まえるとノーリスクと言えない為、この場合はローリスクのキャッシングとなります。

加えて、大手のようなカードローンではないので、振込みによるキャッシングが主な消費者金融であるが故に、カードによる借入の利便性が損なわれるという点もあります。決して、闇金のように危険性は無いのですが、すぐにお金が借りたい時に借りれないリスクなんかもある為、正にローリスクキャッシングとなるのです。

では、ハイリスクのキャッシングはどうでしょうか。これは、個人間でお金を借りたり、ネットの闇金やソフト闇金など、闇金絡みの無審査キャッシングの部類の借入と言えます。安全にお金を借りるには、程遠いであろう一番危ないキャッシング方法とも言えるでしょう。

ネットの闇金サイトからお金を借りたり、個人間融資掲示板からお金を借りるなど、最も大雑把かつ手荒なキャッシング方法となるので、後のリスクは計り知れないのです。正に、何の方法もなく、無職で絶対にお金が借りれない人など、とにかくお金が無くて何処からも借りれないピンチを乗り越えたい人だけが利用するものなのです。

お金を借りるにしてもこれだけの方法があるのですが、やっぱり一番安全にお金を借りるのであれば、大手のカードローンしかないでしょうね。サポート面や対応力に文句を言わなければ、そのワンランク下の中小金融でお金を借りる方法も決して悪くはないでしょうし、リスクもそんなに高くはありません。

しかし、残りのローランクキャッシングに関しては、ハイリスク覚悟の上利用するしか無いので、あえて筆者がおすすめするのであれば大手のカードローンであり、だめでも中小金融のキャッシングまでが許容範囲となります。