お金借りる 金利安い

お金を借りる時に、一番金利が安い所はどの金融機関だと思われますか?キャッシングであれば恐らく、一番低金利とされている銀行カードローンとなる事だと思います。だから、トータルで考えても銀行カードローンが一番なのかと言えば、そこは悩み所です。

確かに、消費者金融や信販系のカードローンに関しては、銀行と比べても高金利の部類となるので、誰でも利用しやすいのかと思えばそうではありません。更に、これらは比較してもあまりどの会社も大差がありませんし、特にこれといって金利差はあまり感じられないでしょう。

ただ、低金利の銀行カードローンに金利では劣るものの、30日間無利息ローンなどの金利0円サービスに対応している業者があるので、同じキャッシングでもこれに対応した業者を選ぶ事によって、金利面では期間が限定されているとは言えども、借入返済の負担が軽くなる事がわかっております。

カードローンに関しては金利が安い順に言うと、銀行が一番低金利で、消費者金融と信販系はほぼ同等と言っても良いでしょう。信販系のクレジットカードローンの金利は、消費者金融と比較する間でも無い事となりますが、クレジットにはクレジットでメリットがあるのです。

おすすめポイントは特に審査面であり、銀行よりも消費者金融よりも審査が甘くなっているので、正にクレジットカードローンのメリットだと言っても良いでしょう。各金融機関のカードローンには、それぞれのメリットや長所がありますので、金利が安い所ばかりを気にして借りる事を検討しなくても良いのかもしれません。

それでも、もし仮に銀行の低金利でも嫌と思っていたり、更に低金利でお金を借りたい人がいるのであれば、本来のキャッシングサービス以外の方法で、社会福祉協議会からお金を借りるという方法もあります。

社会福祉協議会でお金を借りる事が出来れば、資金使途は限られてしまうものの、保証人を付ける事で無金利で融資が受けられるので、結果的に例外ではあるかもしれませんが、一番金利が安い所と言えば、間違いなく社会福祉協議会になると思います。

以上、金利が安い順番として安い順に並べると、一番金利が安い社会福祉協議会(融資制度有り)→大手の銀行カードローン→大手消費者金融と大手信販系という事となるのでしょう。

金利は確かに大事ではありますが、各カードローンの特徴やメリットもちゃんとよくよく重視・比較した上、金利の安さばかりに左右されないでゆっくり検討するようにしたいと思います。